スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーカーブ―ループ

今月号のケロケロAに「獣王爆進」のカードリストが載っています。

個人的にはペイルムーンの強化が一番楽しみだったのですが、そのペイルムーンにこんなカードが追加されました。



ピー・カーブー

G2 パワー8000

:【ソウル】[SB1]あなたのメインフェイズ開始時、あなたの≪ペイルムーン≫のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったらこのカードをにコールする

:【】あなたのエンドフェイズ開始時、あなたの≪ペイルムーン≫のヴァンガードがいるなら、このユニットをソウルに置く




ソウルにいると毎ターンSB1だけでリアガードにスペリオルコールできます。

エンド時にソウルに帰ってしまうので場アド的には±0ですね。

そこでコイツをパープルトラピージストのコストにしてしまうと、なんとSB1でソウルのユニットをスぺリルコールするユニットに早変わり!



まぁ毎ターンパープルをコールできるほど上手く手札に集まることはそうそうないでしょうし、なによりパープルをコールするリアガードサークルが空いていないでしょう。



しかしもう一つの新たに登場したこのカードを使うと・・・・



量子力学の魔法使い

G1 パワー6000

起:【】[CB1、このユニットをソウルに置く]あなたの≪ペイルムーン≫のヴァンガードがいるなら、あなたのソウルから「量子力学の魔法使い」以外の≪ペイルムーン≫を1枚選び、にコールし、そのターンのエンドフェイズの開始時、そのユニットをソウルに置く。置いたなら、あなたのソウルから「量子力学の魔法使い」を1枚選び、にコールする。
 


このカードを使うと、毎ターンパープルの効果を使うことができます。しかも場を圧迫ない。



つまり

ソウルに ピーカーブ―、パープル、コールしたいユニット、SBのコスト
があるときに量子力学の効果を使えば、実質CB1、SB1でソウルの好きなユニットをコールできることになります





ソウルにユニットを揃えるのはなかなか厳しそうですが、一度揃ってしまえばほとんど妨害されることはないのでロベールのSCなどの片手間に狙ってみるのもアリでしょう

ルキエと組み合わせればパワーも上がります その場合ソウルを確保する手段を考えねばなりませんが



とりあえずペイルムーンを使う人なら覚えておいて損はなさそう
スポンサーサイト

バミューダ△ パシフィカ軸  デッキレシピ

今日は自分が現在使っているバミューダ△のデッキレシピを晒してみようと思います。


何気にこのブログでデッキレシピを公開するのは初めてかも?





パシフィカ軸(バウンス特化)


グレード3  7枚


・トップアイドル パシフィカ ×4

・トップアイドル フローレス ×2

・レインボーライト キャリン ×1





グレード2   11枚


・パールシスターズ ペルラ     ×4

・ガールズロック リオ       ×4

・マーメイドアイドル フリュート  ×3




グレード1  15枚


・マーメイドアイドル セドナ   ×4

・マーメイドアイドル エリー   ×4

・ターコイズブルー ティレニア  ×4

・パールシスターズ ペルル    ×3




グレード0  17枚


・ドライブカルテット フロース  ×4

・ドライブカルテット シュプリュ ×4

・コミカル レイニー       ×4

・クッキング カスピ       ×4

・バミューダ△候補生ウェッデル(FV)  ×1







ではそれぞれのカードの役割などを



・トップアイドル パシフィカ


このデッキの核。といってもメガブラスとを狙うデッキではないので仕事自体は結構地味。

G3ユニットといえば、自己主張が強いものがほとんど(ノヴァとかノヴァとかノヴァとか)ですがコイツは実に謙虚です。

手札を入れ替え、ソウルチャージでペルラやフローレスのコストを確保し、パンプアップでティレニアのブースト値の低さをカバーします。  小さい体で頑張るおてんば人魚(公式)




・トップアイドル フローレス  

リアガードでの仕事が主ですが、最悪ライドしてしまってもバウンス能力は使えます。

むしろ序盤はヴァンガードの攻撃が通りやすいのでバウンスしやすいです。


しかしソウル2枚は結構重いので、パシフィカを引いたら基本は再ライドしてます。




ペルラと違って相手のリアにヒットしても効果を発動できるのが強み。融通がききやすいです。




・レインボーライト キャリン


ライドさえしなければ優秀。 リオと違ってパワーが高いので積極的に攻めていけます。

スペースの都合上1枚しか積んでません。





・パールシスターズ ペルラ

2ターン目にコイツにライドし、横にリオを配置するとなかなかいやらしい。ペルルもいれば完璧ですがそんなに都合よく揃うことはめったにないです。


パワー9000かつVヒット時限定能力なのでジエンドやPBOに対しては分が悪いですが、仕方なし。






・ガールズロック リオ

セルフバウンスは今のところコイツとキャリンのために存在すると言っても過言ではないので引かないと話になりません。 


逆に1枚でも引ければ後は必要ないのですが、結構相手に狙われたりするので予備を握っておくにこしたことはないです。






・マーメイドアイドル フリュート


パワーのインフレについていくには、やはり11000アタッカーは欲しかった。


ティレニアと合わせれば16000までいくので、有効。

セドナと組み合わせれば19000なのでバニホやマスカが憎いときは是非






・ターコイズブルー ティレニア


パワーが凄く低いので、主にV裏で仕事。パシフィカと合わせれば18000までいくのでジエンドPBOも恐くない。

コイツとリオ(キャリン)さえそろえば、相手はVの攻撃を無理して防ぐか、ドローを許すかの2択を迫られるのでなかなかウザイ。


バウンスを軸に据えるなら是非投入したいカード。






・パールシスターズ ペルル


登場時 妹(ペルラ)にドロー能力を与える。ほぼ防がれますので、登場時はペルラのアタックのガードを強要させることができるカード くらいに思ってます。


例によって2ターン目に姉妹が揃うとウマウマ  加えてリオでもいようものなら爆アド確実。






・バミューダ△ 候補生ウェッデル



シズクと迷ったのですが、こちらを採用。

理由としては、まずパワー4000と5000の差が大きいのが一つ。

2つ目はソウルの確保。パシフィカにライドできなかったときはフローレスやティレニアの効果を1回しか使えませんが、コイツの能力を使ってリオを戻せば、実質手札入れ替えをしつつソウルチャージできるので結構助かってます。


ティレニアを引いていなければ基本はV裏に移動。2ターン目Vペルラで手札に戻ることも多いです。

貼り替える際も自主退場できるので無駄がない。








・その他 基本的なカード 

セドナは低いパワーをブーストでカバーできるので必須。完全ガードも環境的には3枚以上積みたい(このデッキでは4枚ですが)。


トリガーは、クリ8ドロー4。 本当はクリティカルを10枚くらいにしたいのですが、まぁないものねだりをしても仕方がないですね。 クリティカルが4枚しかないクランだってあることですし・・・・


ドロートリガーは最初カルテットのバブリンを入れてましたが、4000がきつかったのでバニラトリガーのカスピに入れ替えました。









最初はリヴィエール軸の方が強いと思ってましたが、あちらはやはり安定感に欠ける&デッキを圧迫するということで最終的にパシフィカ軸に落ち着きました。


やっぱフルバウ系はどうも自分には合わないなー という気がします。まぁこちらは失敗しても下がれるだけマシですが、代わりにG3の能力が微妙なので、 それならいっそパシフィカ軸にしてしまおうと


一応リヴィエール軸も作ってありますが、回していて楽しいのは断然こっちです。




いずれにせよ現時点でのバミューダ△は環境を支配するほどの強さはないので、自分が好きなカードを使って楽しむのが一番だとおもいます やっぱ。




もしパシフィカでデッキを作ろうと思ってる人の参考になれば幸いです。









さて、ウェッデルを回収する作業に戻るとするか⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン   





















フローレスは新人アイドル達に先輩の威厳を見せつけられるのか?(仮)

昨日公式サイトでも掲載されました、パールシスターズのお二人ですが この2枚はデッキの軸に成りうるカードだと私は思っています

vgd_today[1]
vgd_today2[1]




まだまだ未公開カードはあるので、今回のエクストラパックだけで色んな種類のデッキを作ることができそうですね


残りは既存カードの互換です^^とか絶対やめてくれ



そしてペルラの登場で元祖バミューダ△ユニットの一人であるトップアイドルフローレスの立場が危ぶまれていますが、パールシスターズを活躍させたいならむしろフローレスも入れるべきだと思います
huro-resu



彼女はG3でインターセプトができずコストもペルラより若干重いですが パワーは1000高く、なによりリアガードにヒットしても能力が発動するという利点があります





リアなんかにかまってないでヴァンガード殴れよ  って意見もあると思います。

その場合はペルラでも確かに問題ないです。


ですがここでちょっと考えます。

Vヒット時のみ発動する能力は、6ダメージ与えたら勝ちというゲームの性質上発動する機会は多くても5回ということです。

お互いG3にライドするころには2ダメージくらい受けているのが普通ですから、通常なら3回くらいしか使う機会がない ということになります。そして実際のファイトではその3回ですら発動しないです。 ヴァンガードのアタックをスルーし、リアガードの攻撃を防がれる場合が多いからです。



仮に相手のダメージが3で、自分のリアガードが

・右列 ペルラ(ペルルの能力によりドロー効果を得ている)+ペルル(ブースト)

・左列 ペルラ+何か(ブースト)

だとしましょう。


まずヴァンガードが相手にアタックするとします。トリガーは出ませんでした。相手はダメージ4になります。


次にペルラがヴァンガードにアタック。相手は当然防ぐでしょうね。

次にペルラがヴァンガードにアタック。ここで相手がスルーするとこちらはペルルを回収できますね。

しかしこのペルラのアタックによって相手のダメージが5になり、結果的に回収したペルルの能力を使う機会はほぼ失われます。

もしペルラフローレスなら、リアを殴ってペルルを回収することで、次のターン再びペルルをコールしてペルラがヴァンガードにアタックする機会が生まれます。


当然能力発動を優先するより、早く5ダメージに追い詰めて殴りきってしまう方がいい場合もあります。 



でも相手がメガブラストを狙っているときや、こちらがクリティカルガン積みのデッキなので相手のダメージを5にするのが嫌だな と思うことって結構あると思うんですよね。


カードに限らず誰かと対戦するゲームってのはいかに相手が嫌がることをするかが鍵だと個人的には思っています。

・ヴァンガードかリアガード どちらにヒットしてもOK 

・ヴァンガードにヒットしなければダメ  

この二つにはやはり大きな差があります。後者は選択の余地はありませんが、前者は相手が嫌がる方を選ぶことができます。


そう考えるとやっぱりリアガードにヒットしても発動するフローレスって結構侮れないと思うんです。






バミューダは現在分かっている段階では、ロイパラやシャドパラのように直接アドバンテージを取って場を固めて殴り続けるタイプのクランではないと思います。


ヒット時効果をいかに当てていくかが重要になると思うんですよね。そういうところはペイルムーンに似ているような気がします。

なので愚直にヴァンガードを殴り続けるだけじゃなく、リアガードにちょっかいを出すこともかなり重要なのではないかと個人的には思っております。


そういう意味でもフローレスは全然使えるカードだと思うわけですよ私は。

感覚的には ナイトメアドールありす に近い運用方法になるのかなー と思ってます。同じリア向きのG3パワー10000ですしね。

でもこっちはヴァンガードでも能力発動できますよ!(もちろんパシフィカなどが置ければベストなのは間違いないですが^^;




今後公開されるカードが分からない以上なんとも言えませんが、とりあえずフローレスはまだまだ現役アイドルでいられると思います。


それよりもキャラベルが候補生からアイドルに成長できるかどうかのほうが僕は心配です

ダークキャットは強いか弱いか?


登場時にお互い1ドローすることができるクロネコちゃん

この手の能力はカードゲーム上級者には嫌われがちな傾向がありますがヴァンガードではどうでしょう?

相手にドローさせるのは痛いかもしれませんが、ヴァンガードというゲームは手札を湯水のようにつかいますので、一枚くらいならあまり気にならないのでは? と個人的に思ったりしてますが(^^;;

ダンシングカットラスとラックバード

今日はカットラスについて考えてみます
kattorasu

パワーは5000と低めですが、コールされたときソウルを2枚ドロップに送ると1ドローできます。
つまり手札を減らさずフィールドアドバンテージを得るというわけです。
ですがヴァンガードでは場に出せるカードの数に上限があるので何でもかんでも出せばいいというわけではありません。

パワー5000という数値はブーストユニットとしてはギリギリのラインです。
ヴァンガードではブーストと合わせて15000以上のパワーで相手ヴァンガードにアタックするという定石があります。(正確には相手ユニットのパワーを5000きざみで上回れるようアタック)
つまりカットラスはパワー10000以上のユニットをブーストしないと効率が悪いということになります。

グランブルーで考えるとG2バニラ(パワー10000)のブルーブラッドやアタック時にパワー11000になるルインシェイドなどがいます。

そしてグランブルーは(2弾発売の時点で)ドロートリガーが存在しないので貴重なドローソースでもあります。

更にキャプテンナイトミストサムライスピリットという、ドロップゾーンから復活できるユニットがグランブルーには存在します。カットラスはそれらのコストにできるという大きな利点があります。

このようにグランブルーは相性の良いカードがたくさんあるので、ぜひデッキに入れてみましょう!


ちなみに能力が全く同じでクラン違いのユニットにラックバードがいます。
こちらはクランがオラクルシンクタンク。
ですがオラクルといえばドローに特化したクラン。なので無理に使う必要はないと思います。 特にサイレントトムとはパワーの関係で相性が悪いです。(ブーストして13000。5000シールド1枚で防がれてしまうのでトムの能力とかみ合わない)

一応、バトルシスターもかとの相性はいいと言えます。手札が増えて、もかのパワーが11000になればラックバードのブーストも有効です

他にもアマテラスやここあ 鮫子で確認したデッキトップが手札に加えたい場合は便利です。
まぁそういった場面にはあまり遭遇しないでしょうし、あったとしてもオラクルには サイキックバード という超優秀トリガーユニットがいるのでどうしてもラックバードは後回しになりがちです。
今後、「メインフェイズにドローするたびパワー+3000」みたいなユニットが出れば化けるかもしれませんが(^^;
プロフィール

Author:MBOやすたろう
名古屋在住の大学生ファイター 主にミッキー島田店に出没します MBOは M(萌え) B(豚) O(乙!)の略。アクアかわいいよアクア

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
つぶやき
リンク
※当サイトのカード画像について
当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、 ガイドラインに従って転載しております。該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。